HOME > サービス内容TOP > 内部統制報告制度対応支援

内部統制報告制度対応支援

IT統制を含む内部統制の全てに対応

レキシコムでは顧客企業の立場に立ち、公認会計士としての特性を活かしたアドバイスや作業、監査法人との協議を行っていきます。

▲ 画像をクリックすると拡大します。

金融商品取引法の施行に伴い、すべての上場企業に適用される「内部統制報告制度」に対応するために必要なサービスを提供します。

経験豊富な公認会計士が揃うレキシコムでは、それぞれの企業の風土や実情に応じ、内部統制の整備・運用・評価を支援します。内部統制の全領域をワンストップでサポートすることにより、クライアントの内部統制をより確実なものにしていきます。


サービスメニュー

現状調査

制度対応を行う前に、自社の内部統制の整備状況の弱みや問題点を明らかにし、その部分を重点的に対応することが最も効率的であるといえます。
現状調査で発見された内部統制上の指摘事項に関する改善案をアドバイスしますので、以後スムーズに制度対応のステージに進むことができます。

基本計画作成支援、評価範囲の策定支援

豊富な支援実績と専門的な判断に基づき、クライアントの内部統制の評価範囲の決定を支援することで、後々の手戻りなどにより発生する作業負荷を事前に回避することに貢献します。評価範囲の決定は制度対応における最初のポイントであり、監査人との協議も含め、効率的・効果的な支援を実施します。

内部統制に関する助言・支援・シミュレーション

いわゆる3点セットを作成する内部統制の文書化やその整備および運用状況の評価は内部統制報告制度の中でも最も負担の大きいものと言えるでしょう。特に、内部統制の評価は、具体的な評価手続きを確定させ、様々な結果を解釈するため、予想以上に困難であり、文書化よりもボリュームの大きいものとなります。

レキシコムでは、各々の統制評価を見据えた文書作りを指導し、評価手続書の作成支援から実際の評価作業の指導、結果の解釈についてのアドバイスまで実施します。

内部統制改善/構築の助言・支援

内部統制の整備および運用状況を評価していく過程で少なからず問題点が発見されます。これは、内部統制の整備状況が有効でないもしくは、整備された内部統制の運用状況が有効でない場合など様々な場面で発見されます。内部統制報告制度ではこれらの問題点を改善しない限り、内部統制が有効であるという結論を導くことはできません。

不備を改善するか、新たな統制を構築するかは、監査実務経験のある人材が揃ったレキシコムならではの監査人の目線を踏まえた助言・支援を提供します。